たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to2017

女一人、運動オンチのたまゆりが、人生を変えたくてスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼道800kmを歩きました。たくさんのものをくれた大好きなカミーノへの愛と、次は北の道を目指して登山や仕事をがんばる日々を記します!


神秘の家庭菜園と、自分自身の内なる戦いをやめないでいること。

みなさんこんにちは、たまゆりです!

今日はどんなブログにしようか特に決めていなくって、思い浮かぶことを書いていってみようと思います。

(…その結果、こんな謎な記事タイトルになってしまいました!笑)

 

まずは、近況報告!

 

家庭菜園はじめました

私、ずーーーっとやってみたかった家庭菜園を、今年ようやく!家の庭を使って始めたのです!

日光をいっぱいに浴びて毎日ぐんぐんと伸びていく野菜たちをみるのが本当に楽しい。

f:id:tamayuri0123:20170518214826j:plain

これは一ヶ月くらい前、植えてすぐの写真です。ここから驚くほど成長してくれた!

 

毎日こまめにお世話ができているわけではないんだけど、朝と夕方、家を出るときと帰ってきたとき、今日はどのくらい大きくなったのかなって庭を覗くのがちいさな楽しみになっています。

 

トマトなんて、ここのところ毎日朝と夕方で明らかに5センチは伸びてる!

土から命を吸い上げて、すごい勢いでじぶんの身体を変化させていく、そのパワーに、感心すると同時にちょっと怖いくらいの気持ちになることがあります。

 

 

家の庭に宿る神秘

たいしたお世話をしてあげられていなくても、自然に葉をつけ花を咲かせて実をつける野菜たちを見ていると「植物はどうして、生まれた時から自分がすべきことを知ってるんだろう」って不思議な気持ちになることがあります。

f:id:tamayuri0123:20170518215016j:plain

種として生まれ落ちたら、芽を出して、茎を伸ばして、葉をつけて、つぼみをつくって、花開かせて、実をつけて、また種をつくりだしていく…誰にも教わるわけじゃないのに、どうしてどの花も草木もそれを知ってるんだろう。本当に神秘的です。

 

その神秘を、家の庭で毎日目の当たりにできるって、ものすごく楽しい!!

 

 

おいしいだけじゃなくていろんなことを教えてくれる

それに、毎日日光をめいっぱいに浴び茎を伸ばして太く高く伸びて行こうとする植物たちを見ていると、なんだかそのひたむきさに胸をうたれます。ものすごく一生懸命に見えるから。

彼ら(?)を見る度、なんだか、心のどこか底の方で「このひたむきさに恥じないように暮らさなければ」「このひたむきな生き物を食べてできるエネルギーを、彼らに対して恥ずかしくないことに使わなければ!」というささやきが聞こえる気がします。

 

とか言っても、ぜんぜん、だめだめなんだけれど…。でもなんだか「がんばれよ」って言われているみたい。

 

「収穫しておいしいご飯が食べたい!!」っていう食い気はもちろんなんですが(笑)、それだけじゃない楽しみを、ここのところ毎日もらっています。

はじめてよかった家庭菜園。

f:id:tamayuri0123:20170518215119j:plain

ちなみに、土作りとかビニールマルチのこととか、この本をものすごく参考にして畑を作りました。わかりやすかったのでおすすめです。

 

有機・無農薬 ゼロからの野菜づくり増補改訂版 (学研ムック)

有機・無農薬 ゼロからの野菜づくり増補改訂版 (学研ムック)

 

 

 

 

やってみたいこと、挑戦したいことを叶えていく

思えば、家庭菜園をはじめテントでのキャンプ、ギターの弾き語りや(まだまだだけど!)、少しずつだけどIllustratorを使えるようになったこと、車を持つのをやめて自転車や歩きで暮らすようになったこと、仕事のこと、自分の扱い方のこと、恋や大事な人のこと、家族のこと、旅のこと…。

f:id:tamayuri0123:20170518215729j:plain

 

小さいけれど、大きな変化を少しずつかさねてきたのだな、と嬉しくなります。

数年前、半年前、数ヶ月前の自分が「これやりたいな」「こうなってたいな」って思っていた夢を、振り返ってみれば少しずつ叶えてこられているんだ。それってすごい。それってとてもありがたい。

 

まだまだやってみたいことも、挑戦してみたいことも、もっとつきつめてやりたいこともたくさんあって、その中でもっと成長していきたいと思います。

 

 

「あなたの人生の意味」

今読んでいる「あなたの人生の意味」という本の中で、ひときわ印象に残る一節があります。

少し長いですが引用させてください。

f:id:tamayuri0123:20170518215537j:plain

彼らは他人が刺々しい態度で接してきた時でも、柔らかく応えることができる。不当な扱いを受けても、大げさに騒ぎ立てることはしない。たとえ侮辱されても、堂々としている。挑発を受けた時でも、自分を抑え、怒るようなことはしない。

 

彼らはただ黙々と自分のすべきことをする。たとえ自らを犠牲にして他者に奉仕する時でも、それを誇示するようなことはない。自分の仕事がどれだけ人の印象に残るかということには感心がない。自分自身のことは一切考えていない。自分の周囲にいる人々の役に立てればそれを喜びにできる。今、自分が何をすべきかを考え、気づいたことはすぐに実行する。

 

彼らと話をしていると、自分がいつもよりも面白い人間、賢い人間になったような気がする。彼らは社会階層などを飛び越え、誰とでも同じように接することができる。意識しなくてもそれができるのだ。

 

知り合ってしばらくすると、その人が一度も自慢などしたことがなく、独善的な態度も、強情に何かを言い張る態度も見せたことがないと気づく。 自分にはこんな優れたところがある、自分はこれほどすごいことを成し遂げたと自らの口で言うこともない。

 

彼らの精神が安定しているからといって、葛藤がないわけではない。葛藤は絶えずあるが、少しでも成熟へ向かおうと戦っているところが違う。彼らはいわば、人生におけるもっとも根本的な問題を解決すべく歩んでいる。

 

 

この一節を読んで、ああ、私はこうなりたいんだと思いました。誰のことも恨んだり憎んだりするのでなく、常に自分自身の弱さと戦いつづけること。今いる場所を誰かのせいにしないで、自分自身の中にその原因をみつけだして、それをよりよく変えていくこと。

 

そしてもうひとつ、今の私のまわりに、まさにここに書かれているようなことを体現しながら生きている人たちや、そうなろうと自分との戦いを続けていらっしゃる方がたくさんいてくださることにも気がつきました。そしてとてもとても嬉しくなった。

 

 

自分自身の内なる戦い

一年前、あまりにも突拍子がなく、その時自分がいた場所からはあまりにも遠く、別世界のことのように思えた「サンティアゴ巡礼の道を歩く」という夢。

なぜ歩きたいのかはうまく言葉にならなくて、でもそこへ行けばなにかあるような気がして、どうしても叶えたかったその夢。

f:id:tamayuri0123:20170518215841j:plain

それを叶えたことで、そんなすてきな人たちが周りにいてくださる今があることが本当にうれしくって、ありがたくって、私はもっともっとそちらの方へ近づいていきたい、そのために自分自身の内なる戦いをやめないでいたいと思います。

 

 

「人間はもともと曲がった材木のようなものだ」

この本には「人間はもともと曲がった材木のようなものだ」というメッセージも幾度となく出てきます。

そのままでは不完全で、だめなところだらけで、欠陥だらけ。試行錯誤を続けて、そのぶんだけ失敗もするだろうし、その度にいろんな人を呆れさせたりがっかりさせたりしてしまうのかもしれない。だけどその不完全さを克服するための戦いをやめないでいたい。

 

f:id:tamayuri0123:20170518215931j:plain

これは、以前私がブログで紹介した「星の巡礼」という小説に出てくる、”良き戦い”という一節に込められていたメッセージにもよく似ていると思います。

 

 

 

「あなたの人生の意味」、まだ読み始めたばかりですが、今私が迷っていること、探しているものに対して、なにかヒントを得ることができたらいいな。

あなたの人生の意味――先人に学ぶ「惜しまれる生き方」

あなたの人生の意味――先人に学ぶ「惜しまれる生き方」

 

 気になった!という方は、ぜひ私がいつも楽しみにしている本のレビューサイト「HONZ」のレビューも読んでみてくださいね。

 

本書で著者が最も訴えたかったこと、それは「人間には本来、2つのプロフィールがあるが、現代はそのうちの一方だけが偏重されている」ということだ。2つのプロフィールとは、「履歴書に書かれるプロフィール」と「追悼文に書かれるプロフィール」だ。(中略)

 

今は人が個人としていかに幸福になるか、そればかりを皆、考えている。しかも、その幸福とは、ほぼ 「富と名声を得る」とイコールになっている。能力を高め、競争に打ち勝って、財を成して有名になる。 ほとんどそれだけが生きる目的で、他のことはどうでもいいとは言わないが、あくまで副次的なものとして扱われる。「自分が人生に何を求めるか」をよく知り、求めるものを一つでも多く得ることが何より大切というわけだ。

 

しかしブルックスは、人は富と名声だけでなく、内面的な幸福に向かって生きるべきであると説く。富と名声も重要だが、それだけでは不十分だというのだ。そして「『自分が人生に何を求めるか』ではなく、『人生が自分に何を求めているか』が大事」と言っている。これは、ヴィクトール・E・フランクルの言ったことだ。自分がどのような役割をもって生まれてきたのか、それを考え、与えられた役割を全うすることこそが、真の幸福につながると彼は言っている。

 

 

 

…と、そんな感じの近況報告でした〜〜!!!

 

さて、今日は今からウン年ぶりの夜行バスに乗って、東京まで行ってきます!

会いたい人に会ったり、見てみたいものを見に行ったり。

 

それにしても、本当に夜行バスに乗るのが久しぶりすぎて、果たして体力的に耐えられるのかがめちゃめちゃ心配です!!笑

 

 

それでは、おやすみなさい。

ほんとにいつもながらまとまらなさすぎなブログを読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

たまゆりでした〜!

 

 

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります♪

f:id:tamayuri0123:20160830230253p:plain

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

旅行・観光ランキング

 

 

 

たまゆりがサンティアゴ巡礼道を歩きながら、リアルタイムで書いていた、生の声がいきいき残る巡礼記は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

巡礼情報をお探しの方、サンティアゴ巡礼の持ち物に関する記事は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。

 

 

スペイン巡礼北の道に向けて準備中!テントと水着はやっぱり必要?

みなさんこんにちは、たまゆりです!

 

f:id:tamayuri0123:20170515223142j:plain

今、ものすごく気持ちいい公園の木陰のベンチでブログを書いています。

初夏の空気って、本当に気持ちがいいですね。緑が眩しくって、風が光っているようで…。

こんな空気の中にいて、木漏れ日が揺れるのをまぶたの裏に感じながら目を閉じていると、スペインを思い出します!歩き疲れて暑くて休憩している時、こんなふうに風が心地よかったな。

f:id:tamayuri0123:20170515223530j:plain

昨年歩いたフランス人の道にて。山道歩きの後、見つけた芝生でひとやすみ。

 

北の道へ向けて準備中!

さて、現在わたくし、絶賛来月出発のサンティアゴ巡礼北の道の準備中です!!

…といいたいところですが、荷造りも計画もなかなか遅々として進んでいません(笑)

 

f:id:tamayuri0123:20170515231118j:plain

Facebookで、これから歩きに行きます!という方や、歩きました!という方といろんなお話をさせてもらって、ものすごく心にカミーノのすばらしさが蘇って来ているのと同時に「あれ、そういえばあれの準備…」とか「そういえばトレーニングぜんぜんしてねえ!」とか、色々なことを思い出している状態です、今。あわわ。

 

と、いうことで、昨日ようやく昨年フランス人の道を歩いた時のバックパックに、去年と同じように荷物を詰め込んでみました。

 

f:id:tamayuri0123:20170515234543j:plain

一年ぶりに荷造りしてみて、やっぱザック重てぇ〜〜!の図。

 

 

先ゆく人に影響されて

昨年、京都でやらせてもらった「カミーノ同窓会in京都」に来てくださって、そのときに「来年カミーノへ行きます!」とおっしゃっていた、上山さんという方がみえるのですが。

まさにその上山さんが今、フランスからルピュイの道をサンティアゴまで歩かれていて、そのブログがお写真も文章も本当に素敵で、いっつもとってもとっても楽しみに拝読しています…!

とってもおすすめです。

上山さんの写真や文章は、カミーノを歩いたことがない、歩きたいと思われている方はもちろん、一度カミーノを歩いた方の心にぐぐっとせまってくる、泣きたくなるほど懐かしくさせる、そんな力を持ってます。

以下Facebookで私が上山さんに宛てたコメントより。

「彼のスピードなら、一気にこの坂道を駆け上がったはずだ。

彼女なら、この花を見つけて写真を撮ったに違いない。

想像は膨らみ、まるで彼らと一緒に歩いているような気分になってくる。」

(上山さんのブログ本文より引用)


この一節、ああ、本当にそうだなぁって、とても懐かしくて、カミーノのあの景色、空気にそのまま包まれたような気持ちになりました。上山さんの文や写真にはそういう力があります。毎度心を揺さぶられてます。

 

それでちょうど、今日更新された記事に、テントを持った巡礼者の方が出て来ました。

それを見て…テントいいなぁ〜〜〜!とやっぱり思ってしまいました。

 

 

ずっと持って行くか迷っていたテント

昨秋、北の道に持って行こう!と思って購入したモンベル・ステラリッジテント1型。

 

ですが、荷物の重量や巡礼道上に寝る場所あるの?という疑問に対しての情報量の少なさから、やっぱり不安が大きくてあきらめていたんです。

今回も、アルベルゲに泊まりながら行こうって。

 

だけど…今日上山さんのブログを読んでいて気がついた。やっぱり、テント持って行きたい!!

 

じつは、重量の問題というのが、テントを持って行くと必然的に寝るためのマットも必要になるから、それだとさすがにかなり重いので無理だな〜と思っていたんです。

でも、これ、マットはなくてもなんとかなるかも?

 

f:id:tamayuri0123:20170515232203j:plain

まだまだ経験豊富なわけではないですが、完全なテント初心者だった昨年秋から何度かテントで寝てみて、けっこうこれはいけるぞ!と言える自信もちょっとだけついて来ました。

 

実際使うかは置いといて、とりあえず持ってってみる

だから、実際テントで寝れるかどうかは置いておいて、持って行くだけ持って行ってもいいんじゃないか!?って思い始めました。

問題は、30リットルのザックにテントが詰め込めるかなぁ…っていうこと。

もう少し大きいのをだれかに借りるか、買うか、なんとかして工夫して詰め込むか。

 

真剣に検討してみようと思います。

もしも途中で「無理だ!もういらない!背負えない!」ってなったら、マドリッドの郵便局留めかなにかで送っておいてしまえばいいわけだし。

 

 

水着をどうする?

あともうひとつ!持って行くか迷っているもの…水着!

f:id:tamayuri0123:20170515232951j:plain

昨年私と同じ時期に北の道を歩いていた友人、本多さんがゆずってくださった北の道ガイドブック!スペイン語がぜんぜん解読できなくてお手上げ状態です。誰か助けて。

 

北の道は、海沿いを歩く巡礼道で、途中通る町にはビーチもあったりするそうです。やっぱり泳ぎたいよねぇ。

むしろ、下着をワンセット削って下着兼水着上下をいっこもってくか!?とか考えてみたり。

もう少し荷物を取捨選択してみて考えようと思います。

 

 

巡礼道をじっくり味わいながら歩く旅

この間、私のブログを読んでくださっている方で、ワーキングホリデーで滞在中のカナダから今秋にスペイン巡礼を歩くというポンさんともお話ししてたんですが。

 

f:id:tamayuri0123:20170515233708p:plain

今回の巡礼の旅は、前回とは少し違って、巡礼道をゆっくりと楽しみながら、じっくりと味わいながら歩く旅になりそうです。

ゴールを目指すというよりは、のんびり歩けるだけ歩いて、めいっぱいに巡礼道を味わう!って感じ。

 

そう考えると、やっぱりテントがあったらいいような気がします。水着も。

 

 

あとはトレーニング!

あとは…そうだ、トレーニングしなくちゃ(笑)

もう出発までは一ヶ月たらず。どうやってしようかなぁ、やっぱり登山でしょうか。

まずは実際に持って行く荷物をまとめてみて、背負ってみて、歩いてみようと思います。

 

今、カミーノへ行く準備をされていて、トレーニングなさっている方、いっしょにがんばりましょう!!

 

旅の資本は体力だー!!

めいっぱい巡礼の旅を楽しむために、体の準備もしなくっちゃね。

 

 

そんな感じの、すごくざっくりした近況報告でした(笑)

また、荷物がまとまってきたら「二度目のカミーノに持って行くもの、改良版全持ち物リスト2017」とか書ければいいなぁと思います。

 

 

それから、先日あげていた、去年のフランス人の道での日記を雑誌の記事のようにまとめた旅行記、1日分だけですがつづきができたのでアップしておきます。

f:id:tamayuri0123:20170515233834p:plain

f:id:tamayuri0123:20170515233849p:plain

 

f:id:tamayuri0123:20170516000014p:plain

f:id:tamayuri0123:20170516000039p:plain

これからいよいよ(?)恋が始まるあたり!笑

なんだかまとめるのにてこずりそう。

そうだ、フアンさんにも、また歩きに行くよ!っていうのと、日本でこんな風に暮らしているよ!っていうメールを、ひさしぶりにしてみようと思います。きんちょーするなー!!!

 

 

そんな感じでした。いつもながらぜんぜんまとまってない上に長々とすみません!笑

お読みくださった方、ありがとうございます。また準備の進捗ご報告します。

 

それでは、また!たまゆりでした。

 

 

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります♪

f:id:tamayuri0123:20160830230253p:plain

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

旅行・観光ランキング

 

 FacebookやInstagramにも投稿していますので、よかったら友達申請&フォローしてやってくださいね。

 

 

 

たまゆりがサンティアゴ巡礼道を歩きながら、リアルタイムで書いていた、生の声がいきいき残る巡礼記は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

巡礼情報をお探しの方、サンティアゴ巡礼の持ち物に関する記事は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。

 

 

あれからちょうど1年、次の旅の意味。サンティアゴ巡礼北の道へ行ってくるよ!

みなさんこんにちは、たまゆりです!!

 

f:id:tamayuri0123:20170512005135j:plain

今日は、ちょうど私が去年にサンティアゴ巡礼道フランス人の道を歩き始めた日です。

あれからちょうど一年。


なんだか、感慨深いというか、うれしいというか、あれから自分がこうやって歩いてきたことに、ものすごい幸運を感じます。

 

本当にここにいられてしあわせだ〜〜。

もう、もとからそうなるって神様に決められていたのかな。だとしたら、ほんと神様ありがとうって感じ!笑

少しずつ、自分の心に従って、自分の心がノーということはしないようにしながらひとつずつ進む道を決めてきて、ある今のじぶん。

 

迷って失敗して落ち込んで、そういうことはきっとずっとこの先も変わらないけれど…もっともっと誰かの役に立てるように、誰かを幸せにできるように、これから先もこの道を歩いていきたいなぁと思います。

 

 

と、いうことで!!!

たまゆりのカミーノ一周年を記念して(?)、フランス人の道を歩いていた時の日記を、編集しなおして雑誌記事のようにしてみました。

大好きな旅雑誌「TRANSIT」をリスペクトしております。

 

まだ、サンジャンピエドポーを出発した0日目から初めての挫折と悔し涙を味わった3日目あたりまでしかまとめておりませんが、第一部!ということで、よかったら読んでやってください。

 

これから先、旅の日付が進むのと同じくらいのペースでつづきをアップできたらいいなぁと思っています。(できるといいなぁ…)

f:id:tamayuri0123:20170512010942p:plain

f:id:tamayuri0123:20170512011009p:plain

f:id:tamayuri0123:20170512011028p:plain

f:id:tamayuri0123:20170512011048p:plain

f:id:tamayuri0123:20170512011117p:plain

 

前の記事で、このブログを読んでくださっている方ともっと交流したくて「Facebookにコンタクトをください!」とお願いしてみたところ、予想よりもいっぱい、いろんな方からメッセージやリクエストをいただいて、とってもとっても嬉しいです。

 

みなさんのメッセージを読むうちに、まるで胸の中に眠っていた化石がもういちど羽を生やして色を帯びて動き出すように、私の中にカミーノの記憶が蘇ってきたような気がします。

そうだ、この道はこういう道だったんだ!って。

 

f:id:tamayuri0123:20170512013106p:plain

空気の匂いや、気配、日差し、音。まぶしい世界、麦畑の緑と空の青、見たことない雲の模様、ビールの金色に花の色。赤、ピンク、オレンジ、淡いブルー。胸の中が、久しぶりにその時の記憶でいっぱいになって、とても幸せな気持ち。

 

この間、久しぶりに更新したブログでこんなことを書きました。

でも、まだ本当に北の道の巡礼に行くかどうか、行けるのかどうか、行きたいのかどうか、今の私は決めかねているような感じです。

 

もう少しだけ、時間をかけて考えてみようと思います。

なんか、たぶん、行くべき時なら自然とそこへ導いてもらえるって気がするし…!

だから今は、決断を天に委ねるみたいなそんな感じです。

 

きっと、こんな気持ちになったのは、また来てもいいよ、ってまた神様が言ってくれているのかもしれないな、呼んでもらえているのかなって、勝手に都合のいい解釈をしています(笑)

 

 

私の伝えたいこと、やりたいこと。誰かのためにできること。人を助けたり喜ばせられること。

それはなんだろう、って最近ずっと考えていました。

 

昨日こうして、私の書いたものや写真、つくったものを見て、カミーノに行くことを決めてくださった方や、なにか人生のヒントをもらったと言ってくださる方がいることに改めて気がついて、そうだ、私のやれること、やりたいことはきっとこれなんだと思いました。

 

 

f:id:tamayuri0123:20170512013344j:plain

まだまだ、長い道のりははじまったばかりで未熟な私だけれど。アホだけど!周りの人の手を焼かせてばかりだけど。

今させてもらっているお仕事につないでいけるように。もっとレベルアップできるように、今手の中にあって育てているものをもっともっと大きくしていくための、これは旅なんだって思います。

 

 

北の道、いってくるよ〜〜!

 

 

本当に本当にいつもこのブログを見に来てくださっているみなさま、ありがとうございます。

ぜひ、Facebook友達になってやってくださいね。

それではまた!

お読みくださってありがとう。たまゆりでした。

 

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります♪

f:id:tamayuri0123:20160830230253p:plain

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

旅行・観光ランキング

 

 

たまゆりがサンティアゴ巡礼道を歩きながら、リアルタイムで書いていた、生の声がいきいき残る巡礼記は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

巡礼情報をお探しの方、サンティアゴ巡礼の持ち物に関する記事は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

ご連絡やご質問はFacebookにどうぞ!&6月出発、北の道計画について。

みなさん、こんにちは!

たまゆりです。

 

f:id:tamayuri0123:20170508222642j:plain寒さが去って桜が咲いて散ったと思ったら、もう初夏!

夏はすぐそこですね。

私はキホン身軽な薄着とサンダルで出歩くのが大好きなので、うれしくってしかたありません!

 

昨冬に車を処分して以来、自転車での生活を続けているのですが、最近「あったかくてきもちいいなぁ〜」を通り越して「あ、あっつい…」にシフトして来ました。

f:id:tamayuri0123:20170508223157j:plain

それでも朝や夕方に新鮮で涼しい風をきりながら自転車に乗っている時間は、ほんとうに至福です。

それにしても、来たる夏が楽しみなような、こわいような。

冬の寒さとはまたぜんぜんちがうつらさがあるんだろうなぁ〜〜!笑

 

 

で、今日は、なぜこのブログを開いているかというと、少しお知らせです。

 

近頃、ありがたいことに「たまゆりさんのブログを参考にしました!」と仰ってサンティアゴ巡礼の旅へ出かけていってくださる方がたくさんいらっしゃって…!

本当に私のでだいじょうぶか…?と不安になるんですが、とっても光栄です。書いててよかったぁぁ〜。

 

それにともなって、いろんなご質問をメールやメッセージでいただくのですが、なかなかそのメッセージにそれぞれ返信させていただく時間が取れなくって。

どうしよっかなぁ〜〜とずっと考えていたのですが、最近ふと思いついたのが「Facebookを活用すればいいのでは?」という案。

 

メールをくださって質問などしてくださる方は、もうとにかくいろんなことをお聞きになりたいのだと思うのですよね、不安なこと、持ち物のこと、あれやこれや細かいことを。

当然それを文章にすると長文になってしまいますし、メッセージを送る方も返信するのも大変です。いろいろしゃべりたくって長くなりすぎて、きっと私の返信を読むみなさんも迷惑や!笑

 

で、だったら、電話しちゃえばいいじゃん!!それが一番早いやん!!という結論に落ち着きました。

 

最初は「ラジオやる?」とか「動画配信する?」とか「いっそ毎週末犬山のバーで私が待機してるだけのカミーノ同窓会やる?」とかも考えてたんですが、どれもなかなか現実には難しそうで(笑)

f:id:tamayuri0123:20170508225425j:plain

ラジオもバー同窓会ももちろんすごくやりたいのですが(犬山に最近できたお気に入りのすごくいいところがあるんですよ!)、とりあえずは、Facebookのメッセンジャー機能を使った通話をしてくださるかたを探してみようかと思います。

 

 

 

 

とくに最近はFacebookの方にけっこう精力的に(?)投稿しているので、こちらのブログを読んでくださっている方とも、よかったらお友達になれたらなぁと思っています。

 

「ブログみてるよー」とか、なにか一言メッセージやコメントなどくだされば、承認させていただきますので、もしもご質問やたまゆりとしゃべってみたろ!!という方はよかったらFacebookまでご連絡くださいませ!

 

そんなお知らせでした。

 

 

さて、来月6月20日からのスペイン行きのチケットですが…まだ、迷ってます…!!

どうしようどうしよう。え、本当に行くの?

といいつつもマドリッドに着いてからの一晩の宿と、マドリッドからサンティアゴ巡礼北の道スタート地点であるイルンまでの電車はひとまず今日予約をすませました!

 

去年フランス人の道を無事歩き、なまじ二度目であるがゆえに、荷物の準備も「去年とだいたい同じでいいよね」とかなり余裕ぶっこいております。

新たに買ったものといえば、カミーノで使い込みすぎてこわれた100均のアイマスクと耳栓くらい(笑)

 

f:id:tamayuri0123:20170508235523j:plain

このアイマスク、ブラジャー顔につけてるみたいで笑えますけど、快適なんですよ。おすすめです。ちょっとはずかしいけどね。

f:id:tamayuri0123:20170509000322j:plain

昨年スペインへ向かう飛行機内での兄とのショット。改めてこの写真ひどいですね!笑

どうみても変な人です。

 

あと、トレーニングもしてない…!ぜんぜんしてない…!いやいや!大丈夫かこれ!?!

 

でも、はじめての時と違って、肩の力を抜いてふんふんカミーノを歩きに行ってみるというのも、楽しい気がします。

日程的にもちょうど1ヶ月しかないので、イルンからサンティアゴにたどり着くのはちょっと難しいかもしれません。なので、気軽に、ゴールを目指しすぎず楽しんで歩くことを大切にして。

 

f:id:tamayuri0123:20170509001125j:plain

あっ、結局テントは持って行きません、というかいろいろ吟味した結果やっぱり持っていけません!笑

f:id:tamayuri0123:20170509001101j:plain

ただ、最近近所の公園や旅先でキャンプ(野宿?)したり、日本でよく活用しているのでよかったことにします。

 

持ち物リストも一応つくってはみたのですが「破れてるけどなんとか使える」とか書いてるし「巡礼路についてもうすこし調べる」とか「離脱都市と離脱時の行動をだいたい考えておく」って、それすらまだ1ミリも考えてないんかい!っていう…。

f:id:tamayuri0123:20170508235956j:plain

f:id:tamayuri0123:20170509000157j:plain

昨年の用意周到っぷりとはうってかわって、テキトーでズボラな性をまるだしにしております(笑)

 

 

そんなこんなのお知らせ&たまゆり近況ブログでした。

たわいない話をここまでお読みくださった方、ありがとう。

それでは、おやすみなさい!

 

 

 

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります♪

f:id:tamayuri0123:20160830230253p:plain

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

旅行・観光ランキング

 

 

たまゆりがサンティアゴ巡礼道を歩きながら、リアルタイムで書いていた、生の声がいきいき残る巡礼記は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

巡礼情報をお探しの方、サンティアゴ巡礼の持ち物に関する記事は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。

 

 

 

たまゆり Re Start

みなさま、こんにちは〜〜〜!!

お久しぶりです、たまゆりです。

 

とってもとっても久しぶりのブログ更新になってしまいました。

このブログをお読みくださっているみなさま、お元気で変わらずお過ごしでしょうか。

 

 

私はというと…!

まさに「便りがないのは元気の証拠」ってな感じで、日々もがきつつもとても楽しく充実して、なによりもいっしょうけんめいな毎日を過ごさせてもらっております。

 

今日は、ひとまず、久しぶりになりすぎてしまった発信する活動をもういちどはじめてみるために、近況を書いてみよう!とこのブログを開きました。

 

 

スペイン・サンティアゴ巡礼の旅から戻り、地元・愛知県犬山でゲストハウスがしたい!とのたまっていた、そんな私は今、その犬山で新しい仕事をいただいて、日々を暮らしております。

 

半年前、一年前からは想像がつかなかった、当時の自分から見たら夢物語みたいな毎日だなぁと、しみじみ思うことが多い今日この頃です。

 

 

私は、ずっと「外」へ自分の居場所を探していました。

ここよりもっと居心地のいい場所、呼吸のしやすい場所、それを世界のどこかに求めて、旅をくりかえしていたような気がします。

 

でも今の自分は、少し変わってきたな、と思います。

今の私には、育ててあっためていきたい居場所ができました。まだ少しずつだけど。

 

旅が大好きで大好きでしかたないのはかわりません。

でも、それは、ここではないどこかを探すためじゃなく、今自分がいる「ここ」に何かを持ち帰るための旅だという気がします。

 

自分にとって旅することをそんなふうに思うのは生まれて初めてで、戸惑いつつもくすぐったいようなうれしいような不思議な感じです。

 

すいません、これ、今ほろよいで書いているので、いまいち読んでくださる方に伝わるのかどうかわからないんですが(笑)

 

 

もう一度、サンティアゴ巡礼の道をすごくすごく歩きたくて、あの道が本当に大好きで、この前今年のスペイン行きの航空券を買いました。ほとんど衝動的に。

 

6月20日に出発して7月20日に帰国する、成田からマドリッド行きの飛行機です。

でも、まだ本当に行くのかどうか、行けるのかどうか、行きたいのかどうか、今の私は決めかねているような感じです。

 

もう少しだけ、時間をかけて考えてみようと思います。

なんか、たぶん、行くべき時なら自然とそこへ導いてもらえるって気がするし…!

だから今は、決断を天に委ねるみたいなそんな感じです。

 

 

 

少し前の自分をふりかえってみると、2016年のはじまりのときに、こんな日記を書いていました。

 

この10年で、次の10年までで、私は私の生きていく場所をつくりあげたいと思ってます。
子育てできる場所。生きているのが心から楽しいと思える場所。生きているだけで幸せを感じられる場所。
それは、土地をさがすことであり、いっしょにそれらを作っていける人に出会うことであり、自分にそのための力を蓄えさせて勉強させて精神的にも自分を高めていくことであり。
それを私は10年でしたい。

 

2025年。わたしは、33歳。それは日本かもしれないしちがう国かもしれないし、まだわかりません。だから、探します。
みつかるまで探す。きっと見つかります。そうしたらそこに根を下ろして、生きていきます。その家を、土地を、育てていきます。

 

今見るとちょっとくすぐったくって、笑っちゃうような感じなんだけど、でも、本当に今の私はここに書いてあることがすこしずつ叶っていっているような感じで、とても不思議で、幸せです。

 

「まだそれがどこなのかわからない」と書いていたそれが、自分が育ってきた、犬山という土地だったことに、自分でびっくりしている。

 

 

この土地で、ここへ根付きながら、なにかをつくっていけるように、誰かに何かを伝えていけるように、そのために、強くなりたい、勉強したい、そう思います。

 

私がサンティアゴ巡礼で出会った、見ず知らずの初めて出会った私に底なしみたいにあったかいものを注いでくれたシスターたちやアルベルゲの主人たちみたいに。

いつの日かそうなるために、いま、私はここで、自分自身を満たすためにもがいているんだなと思います。

 

ちょうど一年くらい前に、犬山の大魔法使いみたいな方に自分のことをみてもらったとき「あなたは山、山岳のような人。けれど今のあなたはまだはげ山ね。これから木を植えていくの。」と言われたことを思い出します。

そのときは、それがどんな木かわからなかったけど…今のわたしには、わたしという山には、ほんのちょっとずつだけど緑が萌えているという感じがする。
それはまるで、火山活動の後で石やがれきに埋もれた山に、またどこからか緑が生まれてひろがってゆく、北海道の旅でいつか見た風景のように。

 

わたしがいま大切にしたいものはここにある。
ここへ持ち帰るために、行きたい場所、手に入れたいもの、したい経験、そういうのがある、たくさん。

 

自分がちゃんと前に進んでいて、そのことに改めてびっくりします。
大切な人、大好きな人、大好きな場所、そういうものが今のわたしの側にあって、それはすこし昔のわたしからしてみたら信じられないくらい、夢物語みたいな幸せだ。

 

その夢物語のなかに、いま、いるんだよ。
そしてそれは夢じゃなくて、地続きの現実で、これから守って育ててもっともっとよくしていける。

 

それはとても不安で、けれど幸せで、たのしみで、わくわくする。こわいけど、でも、私はその道を歩きたい。ここにいたい。ここで生きていきたい。

 

 

 

 もう、ほんっと毎度ながらうまくいえないけど、こういう感じのことを、考えています。

ブログをかいてなかったしばらくの間、たくさん変化があって、今のわたしはこうなりました。

 

そんな報告をもっとはやくみなさまにしたかったのだけど、自分でもまとまるのに時間がいって、だけどようやくすこしずつ言葉にできました。

 

これからも、こんな感じなんだろうな。
歩く旅みたいに、私の人生はゆっくりとのんびりと、楽しくときに苦しかったりしながら、でも思い返せば幸せな、鮮やかな、そんな感じで進んでいくんじゃないかなって。

 

そんなわたしの日々を、こうして書くことで、読んでくれて「ああ、なんかいいな」「なんかアホみたいだけど勇気をもらった」とか思ってくれる人がもしもいるのなら幸せ。

そういう感じ!です!

 

久しぶりのブログ、投稿するの緊張するけど、久しぶりすぎてこれでいいのかもよくわかんないけど、ぽちっとしてみよう。

 

読んでくださった方、ありがとう!
たまゆりでした。

 

 

f:id:tamayuri0123:20170423011923j:plain