たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to2017

女一人、運動オンチのたまゆりが、人生を変えたくてスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼道800kmを歩きました。たくさんのものをくれた大好きなカミーノへの愛と、その先の日常と、2017年夏に北の道を目指すための準備の日々を記します!


熊野古道・大雲取小雲取越へ!この旅は、私に幸せがどんなものか教えてくれた。

皆さまお久しぶりです。たまゆりです!

 

先週のこの記事(熊野古道とサンティアゴ巡礼道。2つの世界遺産の共通巡礼手帳を入手!)で申し上げていた通り、熊野古道を歩きに行ってまいりました〜〜!!

f:id:tamayuri0123:20160406170514j:plain

本当は、1泊2日の旅行のはずだったのですが、あんまりにも熊野、紀南、和歌山の土地が気に入ってしまい、結局3泊もお世話になってきました。

 

そのくらい、私にとって今回の熊野古道歩き旅行は意味深い、忘れがたいものになりました。

急に決めたことだったけれど、本当に行ってきてよかった〜〜〜〜!!!

 

もっと早く「無事帰ってきました〜!」な記事を書きたかったのですが、この旅のすばらしさをどうやって言葉にしたらいいのかなかなか分からなくって。

うまく皆さまにお伝えできるかどうかわかりませんが、少しずつでも書いていけたらと思います。

 

f:id:tamayuri0123:20160406163224j:plain

↑ 1日目の大雲取越にて。一人なのでカメラのタイマー機能を使いました。これ、テイク5くらい(笑)

 

たまたまブログのコメントで「サンティアゴ巡礼と熊野古道の共通巡礼手帳があるよ」と教えていただいたことから、行ってみよう!と思い立った今回の和歌山旅行。

旅に出発するまでと、出発してから出会った様々な方に支えられて、こうして無事愛知県に帰り着くことができました。

皆さんのおかげでこんなにすばらしい旅行ができて、こんなにすばらしい土地に出会えて、なんだかもう、感謝!感謝しかありません。

 

f:id:tamayuri0123:20160406165416j:plain

 

旅の間お世話になったお友達と、熊野古道を歩きながらこんな話になりました。

「神社は、何かをお願いする場所ではなく、ここに来られたことを、こうして毎日生きていることを、神様に感謝する場所なんだ」

「そして、これからも、周りにあるすべてのものに感謝して自分が生きていけるように、そう生きていくことを神様に誓う場所なんだ」と。

 

本当に、そう思います。今回の旅でやっと、そう気付くことができた気がする。

神社に行って神様の前に立つときでも、古道を歩きながら木々や草花に宿る息吹を感じるときでも、初めて会う私に心から親切にしてくださる方に出会ったときでも、自然と胸にわきあがってくるのは「こんな幸せな場所に連れてきてくださって、本当にありがとうございます」という思いです。

f:id:tamayuri0123:20160406165347j:plain

それは熊野の神様であったり、サンティアゴ巡礼の神様(?)であったり、今まで出会って私をここへ導いてくれたすべての人であったり、歩く道のりがキツかったときそっと勇気付けてくれた足元の小さな花だったり、涼しい杉の木陰だったり、沢の水音だったり、ふかふかの苔だったり。そりゃもう、ぜんぶです。ぜんぶにです。

f:id:tamayuri0123:20160406165944j:plain

そうやって私を勇気付けてくれた色んなものに恥じないように、無駄にしないように、 生きていけたらいいなぁと思います。まだまだ私は未熟で、うまくできないかもしれないし迷うこともあるけど。

今の私にできる範囲で精一杯、楽しみながら、いただいた恩を返しながら、生きていきたいなぁと思っています。

 

 

…私が今回の旅でいちばんに思ったのは、こんなことでした。

すごく抽象的だし、ぜんぜん上手く書けないけど、何か少しでもお読みくださった方の心に伝わればいいなぁと思います。

 

 

 今回の旅でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

 

共通巡礼手帳のことをコメントで教えてくださった、minoさん。

快く手帳と熊野古道の地図を送ってくださった、田辺市観光振興課の赤嶋さん。

高低差800mを駆け下りた大雲取越の後、あまりのキツさに心が折れそうだった私に、おいしい手料理をごちそうしてくださった、小口の里・南方商店のおかあさん。

予約なしで飛び込んでいったにもかかわらず、とても温かくもてなしてくださった小口自然の家のみなさん。

古道上で、すれ違う度、気持ちのいい挨拶と応援の言葉をかけてくださった方々。

宿を紹介してくださったり、快くお電話を貸してくださったり、忘れ物を届けてくださったり(笑)色んなことを教えてくださって、親切にしてくださった世界遺産熊野本宮館・観光協会のみなさま。

旅の間、本当にいろんな熊野の魅力を教えてくれて、その笑顔と行動力とやさしさに溢れた素敵な人柄で、私にいろんなものをくれた大事なお友達。 

 

そして、いつもこのブログをお読みくださって、支えてくださっている読者の皆さん。皆さんのおかげで、私はこうしてブログを続けてこられて、この素晴らしい旅にたどり着くことができました。

 

f:id:tamayuri0123:20160406173806j:plain

熊野古道のゴール・熊野本宮大社の前には、「サンティアゴ・デ・コンポステーラまで10,755km」と、ホタテ貝の碑が立てられていました。 

 

サンティアゴ巡礼への出発までは、いよいよあと20日。

気合を入れて準備をするぞ〜〜〜!!! 

未熟者の私ですが、これからもお付き合いいただけたら、とっても嬉しく思います。

 

 

関連記事:熊野古道とサンティアゴ巡礼道。2つの世界遺産の共通巡礼手帳を入手!

 

私、たまゆりの自己紹介はこちら(【自己紹介】わたしの今までの人生について)です。

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事やブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックを頂けますと励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...