たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to2017

女一人、運動オンチのたまゆりが、人生を変えたくてスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼道800kmを歩きました。たくさんのものをくれた大好きなカミーノへの愛と、次は北の道を目指して登山や仕事をがんばる日々を記します!


たまゆり Re Start

みなさま、こんにちは〜〜〜!!

お久しぶりです、たまゆりです。

 

とってもとっても久しぶりのブログ更新になってしまいました。

このブログをお読みくださっているみなさま、お元気で変わらずお過ごしでしょうか。

 

 

私はというと…!

まさに「便りがないのは元気の証拠」ってな感じで、日々もがきつつもとても楽しく充実して、なによりもいっしょうけんめいな毎日を過ごさせてもらっております。

 

今日は、ひとまず、久しぶりになりすぎてしまった発信する活動をもういちどはじめてみるために、近況を書いてみよう!とこのブログを開きました。

 

 

スペイン・サンティアゴ巡礼の旅から戻り、地元・愛知県犬山でゲストハウスがしたい!とのたまっていた、そんな私は今、その犬山で新しい仕事をいただいて、日々を暮らしております。

 

半年前、一年前からは想像がつかなかった、当時の自分から見たら夢物語みたいな毎日だなぁと、しみじみ思うことが多い今日この頃です。

 

 

私は、ずっと「外」へ自分の居場所を探していました。

ここよりもっと居心地のいい場所、呼吸のしやすい場所、それを世界のどこかに求めて、旅をくりかえしていたような気がします。

 

でも今の自分は、少し変わってきたな、と思います。

今の私には、育ててあっためていきたい居場所ができました。まだ少しずつだけど。

 

旅が大好きで大好きでしかたないのはかわりません。

でも、それは、ここではないどこかを探すためじゃなく、今自分がいる「ここ」に何かを持ち帰るための旅だという気がします。

 

自分にとって旅することをそんなふうに思うのは生まれて初めてで、戸惑いつつもくすぐったいようなうれしいような不思議な感じです。

 

すいません、これ、今ほろよいで書いているので、いまいち読んでくださる方に伝わるのかどうかわからないんですが(笑)

 

 

もう一度、サンティアゴ巡礼の道をすごくすごく歩きたくて、あの道が本当に大好きで、この前今年のスペイン行きの航空券を買いました。ほとんど衝動的に。

 

6月20日に出発して7月20日に帰国する、成田からマドリッド行きの飛行機です。

でも、まだ本当に行くのかどうか、行けるのかどうか、行きたいのかどうか、今の私は決めかねているような感じです。

 

もう少しだけ、時間をかけて考えてみようと思います。

なんか、たぶん、行くべき時なら自然とそこへ導いてもらえるって気がするし…!

だから今は、決断を天に委ねるみたいなそんな感じです。

 

 

 

少し前の自分をふりかえってみると、2016年のはじまりのときに、こんな日記を書いていました。

 

この10年で、次の10年までで、私は私の生きていく場所をつくりあげたいと思ってます。
子育てできる場所。生きているのが心から楽しいと思える場所。生きているだけで幸せを感じられる場所。
それは、土地をさがすことであり、いっしょにそれらを作っていける人に出会うことであり、自分にそのための力を蓄えさせて勉強させて精神的にも自分を高めていくことであり。
それを私は10年でしたい。

 

2025年。わたしは、33歳。それは日本かもしれないしちがう国かもしれないし、まだわかりません。だから、探します。
みつかるまで探す。きっと見つかります。そうしたらそこに根を下ろして、生きていきます。その家を、土地を、育てていきます。

 

今見るとちょっとくすぐったくって、笑っちゃうような感じなんだけど、でも、本当に今の私はここに書いてあることがすこしずつ叶っていっているような感じで、とても不思議で、幸せです。

 

「まだそれがどこなのかわからない」と書いていたそれが、自分が育ってきた、犬山という土地だったことに、自分でびっくりしている。

 

 

この土地で、ここへ根付きながら、なにかをつくっていけるように、誰かに何かを伝えていけるように、そのために、強くなりたい、勉強したい、そう思います。

 

私がサンティアゴ巡礼で出会った、見ず知らずの初めて出会った私に底なしみたいにあったかいものを注いでくれたシスターたちやアルベルゲの主人たちみたいに。

いつの日かそうなるために、いま、私はここで、自分自身を満たすためにもがいているんだなと思います。

 

ちょうど一年くらい前に、犬山の大魔法使いみたいな方に自分のことをみてもらったとき「あなたは山、山岳のような人。けれど今のあなたはまだはげ山ね。これから木を植えていくの。」と言われたことを思い出します。

そのときは、それがどんな木かわからなかったけど…今のわたしには、わたしという山には、ほんのちょっとずつだけど緑が萌えているという感じがする。
それはまるで、火山活動の後で石やがれきに埋もれた山に、またどこからか緑が生まれてひろがってゆく、北海道の旅でいつか見た風景のように。

 

わたしがいま大切にしたいものはここにある。
ここへ持ち帰るために、行きたい場所、手に入れたいもの、したい経験、そういうのがある、たくさん。

 

自分がちゃんと前に進んでいて、そのことに改めてびっくりします。
大切な人、大好きな人、大好きな場所、そういうものが今のわたしの側にあって、それはすこし昔のわたしからしてみたら信じられないくらい、夢物語みたいな幸せだ。

 

その夢物語のなかに、いま、いるんだよ。
そしてそれは夢じゃなくて、地続きの現実で、これから守って育ててもっともっとよくしていける。

 

それはとても不安で、けれど幸せで、たのしみで、わくわくする。こわいけど、でも、私はその道を歩きたい。ここにいたい。ここで生きていきたい。

 

 

 

 もう、ほんっと毎度ながらうまくいえないけど、こういう感じのことを、考えています。

ブログをかいてなかったしばらくの間、たくさん変化があって、今のわたしはこうなりました。

 

そんな報告をもっとはやくみなさまにしたかったのだけど、自分でもまとまるのに時間がいって、だけどようやくすこしずつ言葉にできました。

 

これからも、こんな感じなんだろうな。
歩く旅みたいに、私の人生はゆっくりとのんびりと、楽しくときに苦しかったりしながら、でも思い返せば幸せな、鮮やかな、そんな感じで進んでいくんじゃないかなって。

 

そんなわたしの日々を、こうして書くことで、読んでくれて「ああ、なんかいいな」「なんかアホみたいだけど勇気をもらった」とか思ってくれる人がもしもいるのなら幸せ。

そういう感じ!です!

 

久しぶりのブログ、投稿するの緊張するけど、久しぶりすぎてこれでいいのかもよくわかんないけど、ぽちっとしてみよう。

 

読んでくださった方、ありがとう!
たまゆりでした。

 

 

f:id:tamayuri0123:20170423011923j:plain