たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to2017

女一人、運動オンチのたまゆりが、人生を変えたくてスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼道800kmを歩きました。たくさんのものをくれた大好きなカミーノへの愛と、その先の日常と、2017年夏に北の道を目指すための準備の日々を記します!


世界に2つだけの"道"の世界遺産を歩こう。熊野古道とスペイン巡礼の共通巡礼証明書を入手!

 

みなさんこんばんは、たまゆりです。

f:id:tamayuri0123:20170124221629j:plain

今日は、実際に行ってからだいぶ日が経ってしまいましたが、昨年についに!!ゲットした「熊野古道とサンティアゴ巡礼道の共通巡礼証明書」について書いていこうと思います。

 

共通巡礼証明書とは?

f:id:tamayuri0123:20170124214004j:plain

スペインにある「サンティアゴ巡礼道」と、和歌山県の熊野本宮大社を中心に広がる「熊野古道」は、世界でたった2つだけの"道"の世界遺産として、ユネスコに登録されています。

このことから、サンティアゴ・デ・コンポステーラ市と熊野本宮大社のある和歌山県田辺市は、2015年に観光交流協定を結びとても仲良くしている、というわけです。

 

そして、サンティアゴ巡礼道と熊野古道をどちらも歩いた人は、二つの道の世界遺産を歩いた「共通巡礼達成者」として、証明書がもらえるのです。

 

私と熊野の出会い

私がこのことを最初に知ったのは、昨年サンティアゴ巡礼道を歩くためにスペインに出発する、1ヶ月ほど前のことでした。

ブログのコメントからこの共通巡礼に関する情報を頂いた私は、すぐさま共通巡礼手帳をゲットして、数日後に熊野古道を歩きに行ってきました。

f:id:tamayuri0123:20170124222024j:plain

その時以来、熊野という場所がまるで第二の故郷のように大好きな土地になり、何度も通っています。

 

そして、今回の旅でついに!サンティアゴ巡礼道の巡礼証明書とともに熊野を訪れ、念願の共通巡礼証明書を頂いてくる事ができました。

 

 

共通巡礼達成の条件

この「共通巡礼」を達成するのには条件があり、それぞれの道を一定以上の距離歩かなければ認定されないということになっています。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの道

下記のうち、いずれか1つを達成する必要があります。

●徒歩または馬で少なくとも最後の100km以上を巡礼する
●自転車で少なくとも最後の200km以上を巡礼する

 

熊野古道

下記のうち、いずれか1つを達成する必要があります。

●徒歩で滝尻王子から熊野本宮大社(38km)まで巡礼する
●徒歩で熊野那智大社から熊野本宮大社(30km)間を巡礼する
●徒歩で高野山から熊野本宮大社(70km)まで巡礼する
●徒歩で発心門王子から熊野本宮大社(7km)まで巡礼するとともに、熊野速玉大社と熊野那智大社に参詣する

 

共通巡礼達成の条件は、以上の通り。(公式サイトより引用させていただきました)

 

私の場合は、

●徒歩または馬で少なくとも最後の100km以上を巡礼する(サンティアゴ巡礼)

●徒歩で熊野那智大社から熊野本宮大社(30km)間を巡礼する+徒歩で発心門王子から熊野本宮大社(7km)まで巡礼するとともに、熊野速玉大社と熊野那智大社に参詣する(熊野古道)

この二つの条件を満たしたので、今回共通巡礼証明書をいただくことができました。

 

 

認定してもらうには

この共通巡礼の証明書をもらうには、スペイン・サンティアゴデコンポステーラ市の観光局または、熊野本宮大社の向かいにある「世界遺産熊野本宮館」という場所へ、両方の巡礼手帳のスタンプを持参する事が必要です。

f:id:tamayuri0123:20170124214557j:plain

こちらがサンティアゴ巡礼の手帳で、

f:id:tamayuri0123:20170124214606j:plainこっちが熊野古道の手帳!

 

私は今回世界遺産熊野本宮館」で認定をしていただきました。

 

 

認定の様子

f:id:tamayuri0123:20170124214056j:plain

こんなふうに、カウンターに「サンティアゴ巡礼との共通巡礼者の登録をしたいのですが…」というと、とても親切な係の方が対応をしてくださいます!!

 

 

もらえるものその1 スタンプ

A4の用紙に、氏名や各巡礼道のルートなどを記入して、係の方がスタンプの内容と相違ないか、チェックをしてくださって…

デデーン!!f:id:tamayuri0123:20170124214826j:plain

OKならばこのように、DUAL PILGRIM(共通巡礼者)限定のオリジナルスタンプを押してもらえるのです!嬉しい〜〜!!!

 

その2 共通巡礼記念ピンバッジ

f:id:tamayuri0123:20170124215723j:plain

それから、こんなピンバッジも記念品として頂けます。

私は未だに、どこにつけようか迷って、でももしも落としてしまったりしたら悲しいし…なんて考えて、大事にとっておいたままになっています…。

一緒に行った山下さんは、サンティアゴ巡礼中に手に入れたという、ホタテ貝の刺繍入りの帽子につけていらっしゃいました!いいなぁ〜!!

 

私もせっかくだからどこかにつけなくちゃね。次に熊野古道かサンティアゴ巡礼に行く時には、ザックにつけていこうかなぁと思っています。

 

スタンプにもピンバッジにも、サンティアゴ巡礼のシンボルである「ホタテ貝」のマークと、熊野本宮大社のシンボルである「八咫烏」が並んでデザインされているのが印象的ですね。

f:id:tamayuri0123:20170124220212j:plain

私はサンティアゴ巡礼中、ホタテ貝と一緒に熊野本宮大社のお守りをず〜っとザックにつけていたので…とってもこの「ホタテ貝」と「八咫烏」にとっても愛着があって、なんだか感慨もひとしおでした。

 

その3 音無紙の共通巡礼証明書!

f:id:tamayuri0123:20170124220602j:plain

そしてそして、共通巡礼証明書も、無事いただくことができました…!

今回の旅を一緒にしてくれた、山下さんとともみちゃんと一緒にパチリ!

 

f:id:tamayuri0123:20170124222545j:plain

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、この巡礼証明書は、この熊野の地伝統の「音無紙」という手漉きの和紙でつくられていて、とても美しいです。

 

f:id:tamayuri0123:20170124222956j:plain

ちなみに、サンティアゴ巡礼の巡礼証明書も、なんという紙かはわからないのですが、洋紙らしいしっかりした質感で模様が美しく入っています。これももしかして、なにか伝統技法の紙だったりするのかなぁ。ちょっと調べてみましたがわかりませんでした。

 

対照的ですが、どちらも手元にあるだけでちょっと気が引き締まるような、美しい紙ものです。

とは言いつつ、こちらもまだ保管用の筒にまとめて入れたままになっています…!この記事を書いたのを機に、額縁を買って壁に貼っておこう。

 

 

ホームページにも掲載されます!

そしてそして、共通巡礼を達成した人は、こちらの「DUAL PILGRIMS」という英語ページに、写真付きで紹介してもらえるようになっています。

f:id:tamayuri0123:20170124221117p:plain

 

ちょっとこっぱずかしいような、でもうれしいような…!

この共通巡礼者の認定、一生に一度なのです。

前の晩、熊野での友人が開いてくれた宴が楽しすぎて、二日酔い気味の疲れ顔なのが悔やまれます!これがずっと残るなんて!!!笑

 

でもなんだかやっぱり、うれしいです。

上記のページを見てみると、他の達成者の方の写真もずっと見て行く事ができるのですが…

こんなにたくさんの人たちが、サンティアゴ巡礼道と熊野古道という国が遠く離れたふたつの道を歩いているんだなぁ、みんなやっぱり笑顔が素敵だなぁ、ぜったいお会い出来たら素敵な人ばっかりなんだろうなぁ…という気がして、自分もそこに仲間入りできた事がすっごく嬉しくて、誇らしいです。

 

いつか「DUAL PILGRIM」の会、やりたいです!

どちらの道も歩いた方で集まって、お話ができたら、たぶんめちゃくちゃ楽しいと思います。

 

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂から1万キロ

そして、無事認定をもらった後は「世界遺産熊野本宮館」の前に立っている、モホンの前で記念撮影〜!

f:id:tamayuri0123:20170124225501j:plain

サンティアゴ巡礼道を歩かれた方にはとても懐かしいこのモホン、なんとホタテ貝のマークの下に、サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの距離が「10,755km」と記されています。

きっと、この世にある中で、いちばん遠くのモホンかもしれません。

 

共通巡礼達成大太鼓の儀

それから、なんと!

共通巡礼を達成した人は、熊野本宮大社の境内にある、普段は一般の人が決して叩くことのできない大太鼓を、記念セレモニーとして打ち鳴らす事ができます。

 

以下、公式ページより引用。

http://www.tb-kumano.jp/files/3614/5792/9909/dual-pilgrim-taiko-ceremony.jpg

この度、二つの道の巡礼を熊野古道側で達成される方につきましては、熊野本宮大社にて特別なおもてなしセレモニーといたしまして「共通巡礼達成大太鼓の儀」を執り行っていただけることとなりました。 古来より和太鼓の音は始まりと終わりを象徴しており、普段は一般の方は叩くことのできない熊野本宮大社拝殿横に備えられている大太鼓を二つの道の巡礼達成者自らが叩くことにより、二つの道の巡礼を締め括るとともに熊野の神々や聖ヤコブにご自身の想いを伝え、納める儀式となります。

二つの道の巡礼「サンティアゴ巡礼道と熊野古道」 |

 

f:id:tamayuri0123:20170124225523j:plain

私も、なんだかとっても緊張しましたが、無事こうしてスペインから帰ってこられたこと、またこの美しい熊野という土地に戻ってこられたこと、ふたつの道が私に与えてくれた、数え切れないくらいたくさんの幸せや友達という財産のことに感謝しながら、太鼓を叩かせてもらいました。

 

本当に、熊野の神様、ありがとう!熊野の人たち、ありがとう!!

すばらしい経験になりました。

 

まだの方はぜひチャレンジを!

f:id:tamayuri0123:20170124230016j:plain

どれだけ書いても伝え切れないんじゃないかと思うほど、熊野は本当に魅力的な土地です。

むしろ共通巡礼証明書を手にいれることがダシになっちゃうくらい、訪れた方はこの場所を好きになるのではないかなぁと思います。

 

今回私と一緒に初めて熊野を訪れてくれた山下さんとともみちゃんも、共通巡礼証明を目的の一つとして来たことは途中すっぽり忘れてしまうくらい、熊野を旅して色んな人に出会う事が嬉しくて、この場所が好きになった、また絶対に来たい!と言ってくれていました。

 

サンティアゴ巡礼の道を歩かれた方は、ぜひ、次の旅先を熊野にされてみてはいかがでしょうか。

いっしょにデュアル・ピルグリムになりましょう!!そしてデュアルピルグリム会をやりましょう!!ってなんか熊野の回し者みたいになってきた!!笑

 

私もまた、近々熊野へまた遊びに行く予定です。

2/6に、新宮市の神倉神社というところである「火祭り」を見学しに行こうと思っています。もしもご予定の合う方は、ぜひご一緒しましょう!

 

 

過去の熊野古道の旅行記や共通巡礼に関する記事は、こちらからお読みいただけます。

 

 

それでは、長々とお読みくださりありがとうございました!たまゆりでした〜〜〜!!!

 

 

 

↓ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります♪

f:id:tamayuri0123:20160830230253p:plain

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

旅行・観光ランキング

 

 

たまゆりがサンティアゴ巡礼道を歩きながら、リアルタイムで書いていた、生の声がいきいき残る巡礼記は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

巡礼情報をお探しの方、サンティアゴ巡礼の持ち物に関する記事は、こちらからまとめてお読みいただけます。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。