たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!in 2019

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to北の道

2019年5月、スペイン・サンティアゴ巡礼北の道800kmをテントを持って歩きます!運動音痴が魅力にハマり、抜け出せなくなった歩きの旅。準備の様子やカミーノへの愛、旅しながら生きる未来へ向けての一歩一歩を記します。


山小屋のアルバイトに受かった!応募の仕方と探し方。履歴書の志望動機は?職歴は?

 

みなさまこんにちは、たまゆりです。

f:id:tamayuri0123:20181204145310p:plain

先日、うれしいことがありました。

前からこっそりと応募していた来年の山小屋のアルバイトに、受かったというお知らせが!

 

ウェブ上の情報には「山小屋で働いてみたら〇〇だった」という、仕事の内容についてのものはけっこうあったのですが…

 

その前の「どうやって応募する?」「履歴書にどんなこと書けばいいの?」「応募動機は?」みたいな情報は(あたりまえかもしれないが)ほとんどなかったので、

 

今回は自分の備忘録も兼ねて、そんな「山小屋アルバイトの探し方と応募方法」について書いておこうと思います。

 

山小屋で働くのに興味あるなー!と思っている方、よかったらご参考になさってみてください。

 

 

山小屋のアルバイト情報が網羅されたウェブサイト「インクノット」

私が「来年の夏、山小屋で働いてみよう」と思ってから、まず最初に見たサイトはこちら。

インクノットー山小屋アルバイト情報サイト

f:id:tamayuri0123:20181204135402p:plain

 

 

「インクノット」というウェブサイトで、その名前の通り、全国の山小屋の求人情報が網羅されているサイトさんです。

 

色々調べてみましたが、ここ以上に山小屋の求人情報がそろっているウェブサイトは存在しないと思います。

ここ以外で探そうと思うと、あらかじめ決めた山小屋の公式サイトから求人情報を探すか、一般の求人情報検索サイト(フロムエーとかインディードとか?)で稀に出てくる情報を探すくらいしかなさそうです。

 

 

秋〜冬は山小屋の求人は少ない

f:id:tamayuri0123:20181130000740p:plain

さて、このインクノットというサイトさんを見てみましたが、この時期はいまいち求人数が少ないようです。

それもそのはず、私が求人を探していた11月は、ほとんどの小屋が夏季の営業を終えた小屋閉めの時期。

ほとんどの山小屋のページに「2018年の求人募集は終了しました」と書かれていました。

 

唯一あるのは、冬期も営業している八ヶ岳やスキー需要のある小屋などでの、冬期アルバイト募集くらい。

 

 

夏季の山小屋バイト募集がかけられるのは、春が多い

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tamayuri0123/20171020/20171020112716.jpg

ただ、このインクノット内でそれぞれの山小屋のページを見ると、昨年の求人情報がそのまま残っていて、求人担当さんの連絡先などもそのまま書かれていました。

 

なので私はひとまず、いくつかの「働きたい!」と思う山小屋をピックアップ。

そして山小屋の求人担当さんの電話番号をひかえて「来年働きたいと思っているのですが、求人募集は何月からありますか?」と直接尋ねてみました。

 

3つくらいの小屋に目星をつけて連絡してみましたが、どこも求人募集が開始されるのはだいたい「3月」や「5月」など春になってからとのことでした。

 

 

結局、山小屋のwebサイトで直接見つけた求人に応募

f:id:tamayuri0123:20181204145628j:plain

そうか、春まで待つ必要があるんだな…と思ったのですが、もしかしたらこの「インクノット」に載っていない求人で、もう来年夏の募集がはじまってるのがあるかも?

 

そんな風に思い、自分が今まで泊まって好きだったなーと思う山小屋を中心に、ホームページから採用情報を探してみると…あった!!!

 

その山小屋は、毎年早めの時期からスタッフの採用活動をされているようで、

半年以上先ですが、来年夏の求人募集がすでにかかっていました。

 

 

まずは電話で応募

先ほどの「インクノット」で探した求人も、私が見つけた直接募集の求人も、応募の流れは

「まず担当までお電話ください。そのあとに履歴書を郵送かメールで送付してください」というものでした。

 

ドキドキしながら載っている電話番号に電話をかけると、事務所らしき担当の女性が出てくれ、名前や年齢、住んでいる場所、働ける期間などの基本情報を聞かれました。

 

そしてもうひとつ聞かれたのが

「女性でも重いものを持ったり、場合によっては歩荷の仕事を任される場合もありますが、大丈夫そうですか?」

という質問でした。

 

「歩荷はやったことはないですが、ある程度なら大丈夫だと思います…(毎日じゃなければ…そしてそんなにものすごい重くなければ…)

と答えると、

 

「わかりました。それでは、エントリーシートにご記入いただいてメールか郵送でお送りください」

ということで、電話でのやりとりは終了。

 

 

エントリーシートor履歴書?

私が今回応募した山小屋は、定型のエントリーシートがすでに用意されていて、それに記入して送り返す、という形でした。

どちらかというとエントリーシートが用意されている方が珍しいかも?

履歴書を用意して書いて送ってください、というところが他だと多かった気がします。

 

 

エントリーシートの内容

エントリーシートの内容は、

 

・名前とか生年月日とが現住所とか電話番号とか顔写真とか、一般的なプロフィール

・希望の働く期間

・直近3つ、または長期で従事していた職歴と職務内容

・持っている資格や免許

・登山の経験と志望の動機

 

といったものでした。

 

 

職歴について

履歴書だと職歴は時系列順に書かなきゃいけないし、留学だの転職だのが多いから大変だし(笑)何を重点的にアピールすればいいか迷いそうだったので、エントリーシートがあったのは助かりました。

 

やはり先の電話でも聞かれた通り体力はもちろん、食事をサーブするなどの経験、接客受付などの経験もアドバンテージになるかと思ったので、旅行業や接客業、また飲食関連のアルバイトをしていた経験などを中心に、職歴の欄は記入しました。

 

 

志望動機

一番悩んだのはやはり「志望動機」の部分でしたが、

 

・海外渡航の資金を貯めたいと思っていること

・接客が好きなので、好きな山で自分がもてなす側になってみたかったこと

・自分も泊まりに来てこの山小屋を気に入っていること

 

など、思っていることを素直にそのまま書きました。

 

 

登山歴について

f:id:tamayuri0123:20181204145424j:plain
それから、登山歴についても事実(4年、月に1〜2回)をそのまま書きましたが、一応

「テント背負って登ったりもしてるよ」「冬山も行くよ」っていうのを体力面のアピールポイントとして書いておきました(笑)

歩荷不安だな・・・大丈夫かな・・・トレーニングしなきゃ・・・へへ

 

 

意外とあっさり採用通知

そんなこんなで、はじめてのことだったので迷いまくって考えまくって、最後はええい!と半分勢いで出した応募書類。

 

数日後先の担当者さんから電話で連絡があり「採用が決まりましたので、よろしくお願いします」と言っていただけました。

 

ただ、まだ時期が早く契約書類などの準備ができていないということで、正式な契約は来年の春頃まで待ってほしいとのことでした。

 

 

早い者勝ちな部分もあるかも?

f:id:tamayuri0123:20181204145748j:plain

こうして考えてみると、今回は特に、募集が始まってすぐのこの早い時期に応募をしたのはよかったかもしれません。

当然募集の上限人数はあるので、先にいい人が応募して決まっていたら、自分に働ける能力があっても枠から漏れてしまうことがありそうだからです。

 

現に、一度冬期募集をしている山小屋に電話をかけてみたら「もう人が決まりかけていたところだから、応募してもらっても希望に添えるかわからない」と言われたことがありました。

 

そういうわけで、山小屋で働きたいと思った時は、こまめにホームページや求人サイトでチェックして、早めのコンタクトをとっておくのがよさそうです。

 

 

さて、これからどうなる?

そういうわけで、来年7月ごろからの山小屋での仕事が決まったわけですが…!!!

正直、めちゃくちゃ不安です………(笑)

 

歩荷きつそうやな、どのくらいの頻度なのかな?とか

数ヶ月の共同生活の人間関係に耐えられるんかいな?とか

お金は本当に貯まるんだろうか?とか…

 

考え出したらきりがありません!!

 

でも、ずっとこっそり憧れていた山小屋での、山でのお仕事。

決まったからには、腹をくくってがんばってきたい。

そしてお金も貯めて、スペイン行きたいな〜。

 

ちなみに、現在の予定としては、

5月ごろまで今のお仕事をさせてもらって、その後1ヶ月半カミーノ北の道、そして戻って来て山小屋へ。という感じです。

 

 

そういう今後のいろいろについては、また改めて書きたいと思います。

 

 

 

というわけで、今回は山小屋の仕事に応募するまでのあれこれを書いてみました。

興味がある方の、少しでも何か参考になれば幸いです…!!

 

それではまた、たまゆりでした。